感想「のび太のパラレル西遊記」の動画を見た方がいい!【仏教の教えを学べるよ】

ドラえもん映画
  • のび太のパラレル西遊記はどんな映画?
  • のび太のパラレル西遊記の感想を知りたい
  • のび太のパラレル西遊記の動画を見たい

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

ごきげんいかがですか?

今回「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」を見たので感想かたがた紹介します。

パラレル西遊記の作品情報

映画「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」の作品情報は下記のとおりです。

  • あらすじ
  • モチーフ
  • 脚本は藤本先生ではない
  • 後片づけをしよう

あらすじ

小学校の新入生歓迎会で西遊記の劇をするのび太のクラス。

その劇のけいこ中にのび太は居眠りをして、孫悟空になる夢を見ます。

ところが劇でのび太が演じるのは村人その一。

孫悟空をやりたいのび太は「本物に似ている人が孫悟空になるべきだ」と主張し、タイムマシンで7世紀のシルクロードへ向かいます。

そこでのび太が見たものは――。

モチーフ

のび太のパラレル西遊記のモチーフは西遊記です。

そして「ドラえもん のび太の魔界大冒険」と「ドラえもん のび太と鉄人兵団」、そして「ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ」の三作品。

これら三作品の要素を上手く取り入れて本作は作られています。

そのため「のび太のパラレル西遊記」はドラえもんのオールドファンにとってニクイ演出が多い作品と言えるのではないでしょうか?

脚本は藤本先生ではない

藤本先生は病のためモチーフに西遊記を使うことを提案したくらいで、「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」の製作には携わっていません。

脚本はもとひら了さん。

もとひら了さんは「クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王」や「ドラミちゃん ミニドラSOS!!!」の脚本を担当された元シンエイ動画の方です。

現在は空誓寺の住職をされています。

だからでしょうか、本作のテーマが「善い行いは善い結果を引き起こす。悪い行いは悪い結果を引き起こす。自分のまいたたねは自分が刈り取らなければならない」という仏教の教えと思うのは?

後片づけをしよう

本作は「後片づけをしないと大変なことになるよ」や「調子にのってはいけないよ」、そして「噓から出た実」という話でもありません。

先述のとおり「善い行いは善い結果を引き起こす。悪い行いは悪い結果を引き起こす。自分のまいたたねは自分が刈り取らなければならない」という話です。

それを分かりやすく伝える手段として、ヒーローマシンのふたの開けっ放しやリンレイを助けるシーンがあるというわけです。

ドラえもん のび太のパラレル西遊記の感想

のび太のパラレル西遊記の感想は下記のとおりです。

  • リンレイとドラミちゃんは必要なの?
  • 藤本先生の脚本じゃないけど面白い!
  • 心に残ったシーンがありすぎて困る!
  • 制作陣全員の意気込みを感じた作品!

ドラミちゃんは必要なの?

ドラミちゃんが本作に必要だったのか問題。

ドラミちゃんはタイムテレビや虫の知らせアラームで、ドラえもんの危機を知るという原作の設定があります。

これはドラえもんファンには説明するまでもない設定です。

ところが一見さんには分かりません。

そのため、一見さんに分かりやすいようにドラえもんを心配するドラミちゃんのシーンを入れておいた方が良いと思いました。

そうすればドラミちゃんの登場シーンに対するツッコミも少なくなったように思います。

藤本先生の脚本じゃないけど面白い!

のび太のパラレル西遊記は、藤本先生の脚本ではありませんが、とても面白いですね!

これは、大長編ドラえもんを詳細に知らないと書けない脚本だと思いました。

藤本先生の癖を忠実に再現されています。

特に子どもに向けて、ちゃんとメッセージを込められているのには驚きました。

それもご実家にちなんだ仏教の教えをメッセージにするなんて、本当に素晴らしいです。

たぶん、今後これほど藤本先生の脚本に近いドラえもん映画はできないでしょうね。

残念なことですが。

心に残ったシーンがありすぎて困る!

のび太のパラレル西遊記には、心に残ったシーンがありすぎて困りますね!

のび太の名乗りのシーン、妖怪に支配された後の学校や自宅、ラストシーン、エンドロール――。どれもこれも印象的でした。

その中でもお気に入りなのは、ジャイアンがのび太に一言伝えるシーン。

あれは脚本にあった本来のものではなくて、変更されたものでないかと思うんです。

変更したのは脚本を書いたもとひら了さんではなくて、他の誰か(たぶん芝山努監督)。

たぶん藤本先生の代わりに脚本を書くのは、相当のプレッシャーがあったと思います。

それをやり遂げたもとひら了さに対する、労いと称賛を込めたセリフのような気がするのですが、あなたはどう思われますか?

制作陣全員の意気込みを感じた作品!

映画を見て制作陣全員の意気込みをすごく感じました。

みんなで「藤本先生のドラえもんを作ろう」という意気込みが演出や脚本、演技の全てに込められているように思います。

映画のどこを切り取っても意気込みを感じるんですよね。

絵にしても音楽にしても何にしても一切の妥協がないというか……。

「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」の評価は星4つ

映画「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」の評価は星4つです。

本当は星4つ半と言いたいところですが、ルールがややこしくなるので4つにしました。

演出についてはリンレイと銀角のやりとりの矛盾、リンレイの表現の弱さを感じたので星4つ。

脚本については先述のドラミちゃんの登場、リンレイのサブプロットの弱さを感じたので減点しました。

しかし、のび太のパラレル西遊記は限りなく満点に近い、満足感のある映画と言えるでしょう。

総合評価☆☆☆☆★
映像美☆☆☆☆☆
演出力☆☆☆☆★
効果音☆☆☆☆☆
脚本力☆☆☆☆★

まとめ

映画「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」は、エンターテインメント性に優れた作品です。

そのうえ仏教の教えを学べるというありがたい作品でもあります。

少し怖い表現はあるものの「善い行いは善い結果を引き起こす。悪い行いは悪い結果を引き起こす。自分のまいたたねは自分が刈り取らなければならない」ということを学べるので、お子さんと一緒に観賞されてみてはいかがでしょうか?

以上で「感想『のび太のパラレル西遊記』の動画を見た方がいい!【仏教の教えを学べるよ】」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

のび太のパラレル西遊記はこんな方におすすめ!

映画「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」は下記のような方におすすめです。

  • 冒険活劇を見たい方
  • 大山ドラえもん世代の方
  • ドラえもん好きの方

コメント

タイトルとURLをコピーしました