のび太の大魔境をあらすじと感想を交えて紹介します

ドラえもん映画
  • のび太の大魔境のあらすじは?
  • 他の人の感想を知りたい

こちらの記事は、そのような方に対して書いています。

ごきげんいかがですか?

映画好き歴42年の朝比奈宗平です。

よろしくお願いします!

今回は胸が躍る映画「ドラえもん のび太の大魔境」をあらすじを交えて紹介しましょう。

あらすじを交えてのび太の大魔境を紹介

それでは、のび太の大魔境を下記の順番で紹介します。

  • あらすじ
  • テーマ
  • 題材
  • のび太が困っている犬を助ける話だが……

あらすじ

ジャイアンとスネ夫に魔境探しを依頼されたのび太。

彼は、ドラえもんと「自家用衛星」で魔境探しを始めるのですが、その最中に野良犬を拾って家で飼うことになります。

やがてアフリカのコンゴ盆地の奥にある石造を発見し、のび太とドラえもんはいつも3人を誘って冒険へ!

果たして一行は石造のある場所に辿り着けるのでしょうか?

そして石造はいったい何なのでしょうか?

テーマ

のび太の大魔境のテーマは下記のとおりです。

前作や前々作に比べると「分離/再会」の部分は弱いですが、その分ジャイアンとクンタック王子について掘り下げて描かれています。

これらをテーマとして上手く扱い、さりげなく反戦を説いている藤子・F・不二雄先生はさすがですね。

分離/再会スピアナ姫との再会
人間関係ジャイアンとクンタックの友情
人間性の危機ジャイアンとクンタックの失脚、戦争に向かう王国

題材

本作品の題材は「スターウォーズ 新たなる希望」と水曜スペシャル「川口浩探検隊シリーズ」です。

またダブランダーの世界征服については、第二次世界大戦中の日本をモデルにしていると考えられます。

それにしても藤本先生は、よほどスターウォーズが大好きだったのですね。

38年ぶりに本作を見て題材がスターウォーズだと気づいたとき、そのように思いました。

そして、ジョージ・ルーカス監督とJ・J・エイブラムス監督が、何作にもわたって描いた「堕落と更生」を、のび太の大魔境一作だけで描けるなんて!

先生が脚本を書いたドラえもん映画を見る度に、先生の脚本力には驚かされます。

のび太が困っている犬を助ける話だが……

本作は先述のテーマと題材を盛り込まれた、のび太(あるいはのび太たち)が困っている犬を助ける話です。

ところが本作は、そんなに簡単なプロットでありません。

実際のところ、落ち延びたクンタック王子が王国を取り戻す話がメインプロットなのです。

つまり主人公はのび太なのですが、主役はクンタック王子。

そして、クンタック王子のシャドー兼バディの役割をジャイアンが与えられています。

これは「スターウォーズ 新たなる希望」のルークとハンソロの関係と同じです。

のび太の大魔境の感想と評価

のび太の大魔境の感想と評価は下記のとおりです。

  • 感想は、まるでハリウッド映画を見ているよう
  • 心に残ったシーンはジャイアンのシーン全部
  • 評価は☆4つです!

感想は、まるでハリウッド映画を見ているよう

小二のとき、テレビでのび太の大魔境を初めて見て胸が躍りました。

その理由は今までわからなかったのですが、今回あらためて映画を見て理由が分かったような気がします。

のび太の大魔境が、まるでハリウッド映画みたいだからです。

ジョーゼフ・キャンベルの神話論によって構成された壮大な物語、そしてタイムパラドックス。

これらの要素が、私にそう思わせているようです。

心に残ったシーンはジャイアンのシーン全部

心に残ったシーンは、ジャイアンのシーン全部ですね。

しかし特に印象的なのはジャイアンが男泣きするシーンとペコを追いかけるシーンです。

ジャイアンの言動で一行が危機に遭い、彼は責任を感じ徐々に自分の殻に閉じこもります。

そして、あの気丈な彼が泣いてしまうのです。

そのシーンを大人になって見たとき、「そう言えば、気丈に振舞っているけどジャイアンは子どもなんだから辛くて当たり前だよな」と思いました。

ところが、そんなジャイアンは一人で戦いに行くペコを追いかけます。

そして彼の気持ちを代弁するしずかちゃん。

思わず目頭が熱くなりましたよ。

しかし、その一方で「子どもなんだから戦わなくていいよ」という気持ちもありましたが、これは私が大人になったから抱いたんでしょうね。

そして、子どもときには分からなかったことです。

評価は☆4つです!

のび太の大魔境の評価は☆4つです!

もう少しジャイアンに焦点を当てて演出してもらえたら、作品のテーマをはっきりと伝えられたのではないでしょうか?

ううむ、実に惜しいです!

総合点☆☆☆☆★
映像美☆☆☆☆★
演出点☆☆☆★★
効果音☆☆☆☆☆
脚本力☆☆☆☆☆

まとめ

1982年版のび太の大魔境は「スターウォーズ 新たなる希望」と「水曜スペシャル川口浩探検隊シリーズ」を題材にした作品です。

テーマは過去2作品と同じく「分離/再会」と「人間関係」、「人間性の危機」を扱っていますが、スターウォーズを題材にしているため、クンタック王子の王国奪還やジャイアンの苦しみもがく姿――つまり人間性の危機――が強調されています。

また、責任や戦争の愚かさについて考えさせられますので、お子さんの教育にも良いアニメ映画ですので、ぜひご一緒に観賞してみてはいかがでしょうか?。

以上で「のび太の大魔境をあらすじと感想を交えて紹介します」を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました